目からウロコな英会話術

答えは1つじゃない!伝え方を具体的に考えるだけでうまくいくビジネス英会話

僕はかつてイギリスに1年半留学をしていたのですが、その時に色々な国の人たちと話す機会がありました。その時に感じたのは、外国の方々はとにかく失敗を恐れずに英語を話すことができる事でした。

※もちろん地域や人柄によって違うので「外国」と一括りにすることはできませんが、日本人と比べるとほぼ全ての国の人たちがそのようなマインドを持っていました。

 

一方で日本人は、なかなか自分の意見を言うことができない。

では、なぜこのような事態になってしまうのか?

1つの理由としては、「英語には答えが1つしかない!」と決めつけてしまっていることが、影響していると考えます。これは、恐らく学校の英語教育が関係していると思いますが、学校だと正解は1つで、少しでもミスがあると減点をされます。

だから、ミスを恐れるようになってしまうのです。しかし、この発想をしている限り、英語は一生話せるようにはなりません。

 

本日のコラムでは、英語には答えが1つしかないという考えからの脱却方法についてお伝えします。

 

英語の答えは1つじゃない!

外国人が会話を楽しむ様子

英語は、というかどんな言語でもそうですが、あることを伝えようとする時に、何通りもの方法で伝えることが可能です。

例えば、日本語で「体調が悪い。」と言いたい場合、

  • 吐き気がする。
  • 風邪をひいている。
  • 気持ちが悪い。
  • 体調が良くない。

など、色々な言い方で言い換えることができますよね?

これと同じことを英語でもやればいいのです。

「体調が悪い」は、

  • I feel bad.
  • I feel sick.
  • I have a cold.
  • I’m in bad condition.
  • I don’t feel good.

などなど、多くの言い方があります。

 

このように選択肢を多く持つことによって、圧倒的に英語を話すことが簡単になります。

英語が話せない人は、文章を作る時に1つでも知らない単語があると、その瞬間に固まってしまいます。しかし、それでは英語を話せるようにはならないのです。

 

困った時は具体的に考える

考え事をしている女性

他の例を見ていきましょう。

先日レッスンをしている中で、「お客さんの接待をした」を、どう言えばいいのかわからないと生徒さんに言われました。

これは、実は簡単に解決できます。

具体的に考えればいいのです。その接待の内容としては、居酒屋に行って、お客さんと一緒に飲んだということでした。よって、以下のように説明すれば問題なく通じます。

I drank with my client at an izakaya (Japanese-style bar).

(私は居酒屋でお客さんと飲んだ。)

 

どうでしょうか?このように考えれば、今までよりも英語が簡単に感じませんか?

 

英語に対するハードルを下げよう!

いかがだったでしょうか?

直訳していくやり方だと語彙数を増やさないといけないので、オススメできません。新しい単語をずっと増やしていくことは、疲れますよね?

  • 英語の答えは1つではない。
  • 直訳を避けて、具体的に考える。

ということを理解しましょう。

そうすることで、英語に対するハードルが圧倒的に下がります。是非、英語を話す時に意識して欲しい考え方です。

 

 

目からウロコな英会話術!こちらもどうぞ!!

日常英会話よりもビジネス英会話の方が簡単な、2つの理由

とっさに英語で話しかけられたら、どうします?できる人はやっている〇〇術

ビジネスマン必見!外国人との会話がうまくいく2つのポイント

ABOUT ME
杉原浩二郎
杉原浩二郎
青春English部代表兼部長。1986年山口生まれ。 英国国立バース大学ビジネススクール卒業。 「一生青春」というコンセプトの下、英語コミュテニィー青春English部を主催。年間約120の英語イベントを開催。延べ1000人以上を指導。
あなたのメディアに革命を起こそう!

cta_selfmedia_all
#selfmediaとは、「あなたのメディアに革命を!」をコンセプトに掲げたWEBマガジンであり、80名前後が参加するコミュニティです。

\事業売上が上がった!/
\会社員から専門家として独立出来た!/
\出版した!/
\講演、セミナー講師になれた!/
\インフルエンサーになれた!/

定例勉強会、マンツーマン相談、相談し放題など、、、
過去うまくいかなかった個人や企業様ほど、結果につながっている楽しく正しくメディアを学べるコミュニティです。

 >> icon-book 詳細を覗いてみる  <<