目からウロコな英会話術

やれば確実にリスニング力が上がる!一石四鳥のディクテーションとは?

 

前回のコラム、「外国人と会話してるのに上手くならない。あなたに必要なのは、足りない部分を埋める自主学習」では、自主学習の重要性をお伝えしました。

 

でも、あなたはこのように思うかもしれません。

「そもそも何をすればいいの?」

 

そんなあなたにお伝えするのは、リスニング力の高め方です。

 

なぜかというと、僕は日々いろんな方の英語学習相談に乗っていますが、リスニングを正しく勉強している人にほとんど出会った事がないからです。

  • 「毎日英語を聴いているのに上手くならない・・・」
  • 「何回聴いても聴き取れるようにならない・・・」

こういった悩みを持っている人は必ずといっていいほど、リスニングのやり方が間違っています。やり方を間違っていると、時間を浪費してしまい、いつまで経ってもゴールに到達する事ができません。

 

今日はオススメのリスニング勉強法の1つ、ディクテーションについてお伝えします。

 

ディクテーションとは?

クエスチョンマークのイラスト

ディクテーションの説明に入る前に、大前提としてお伝えしなければいけないことがあります。それは、リスニングの勉強をするときには「集中して聴くこと」が不可欠である、ということ。

言い換えると、聞き流すよりは、集中して聞いた方が確実に効果があるということです。

 

聞き流しとは、例えば掃除をしながら英語を聞いたり、電車でスマホをいじりながら聞いたりすることを指します。

僕自身も、昔は1日に2~3時間、多い時に5時間ほど英語ラジオの聞き流しを1ヶ月続けましたが、全く上達しませんでした。こういった聞き流しの危険なところは、「上達しているように感じてしまう」ところです。実際はあまり効果がなく、時間を浪費してしまいます。

 

1時間、聞き流しをするのであれば、10分集中して聴いた方が間違いなく効果は高いです。

 

ただ、集中して聴こうと思っても、集中して聴くことは意外に難しいもの。あなたもリスニング中、ついつい別のことを考えてしまった、なんて経験ありませんか?

特に、普段からリスニングをしていない人にとって、英語を集中して聴くことは苦痛以外の何物でもないです。

 

そこでぜひ試して頂きたいのが、ディクテーション

ディクテーションとは、音声を途中で止めながら英語の文章を書き取っていくことです。

 

当然ですが、集中していないと書き取ることはできません。つまり、ディクテーションをやる理由の1つは、集中して聴かざるをえない環境を無理やり作り出すことだと言えます。

その結果として、集中していない場合と比べて、圧倒的に学習効果を高めることができるのです。

 

ディクテーションの方法

ノートに書き留める様子

それでは、ディクテーションの具体的な方法を見ていきましょう。

僕がオススメしているのは、以下のプロセスです。

  1. 音声を繰り返し聴く(全体のストーリーを掴む)
  2. 1文ずつ止めながら書き取る
  3. 答え合わせ
  4. 音読(余裕があれば)

通常のディクテーションとは少しやり方が違うので、それぞれの項目を簡単に解説していきたいと思います。

 

①音声を繰り返し聴く

まずは、何度か全体の音声を聴いていき、全体のストーリーを掴みます。そこから細かい部分を聴き取り、繰り返し音声を聴くというのがディクテーションの流れです。

 

音声は大体1分ぐらいのものをオススメしています。

それ以上長いと集中することが難しくなり、途中で挫折しやすくなってしまうからです。

 

また、どんな音声を聴けばいいかということですが、英語の文章を見た時に7~8割以上理解できるものがベスト。それ以下しか理解できないものですと、少しレベルが高すぎるので挫折しやすくなってしまいます。

自分が興味のあるもの、自分に関係があるもの(仕事など)を選ぶことも継続する上で重要になってきます。

 

②1文ずつ止めながら書き取る

基本的に1文ずつ止めながら進めるのが良いでしょう。ただし、1文が長すぎる場合は途中で区切ってもいいです。

 

1回聴いて分からないところは繰り返し聴く事が重要です。

なぜなら、一度聴いた音を分からないまま放置していると、その音は一生聴き取れるようにならないからです。

 

試してみると分かりますが、1回聞いただけではよくわからない音も、何度も繰り返し聴くことで、少しずつ聴こえ方が変わっていきます。

例えば、急にある単語が聴こえてきたり、暗号にしか聴こえなかったものが、実はある単語と単語の組み合わせであることがわかったりする場合などがあります。

 

③答え合わせ

ここでは、ただ単に自分の書き取ったものと正解を比べるのではありません。

 

知らない単語があれば意味を調べ、全体の意味を理解することが必要になります。

これによって、語彙力の強化とリーディングの強化を同時に行うことができるのです。

 

④音読

最後に、余裕があれば、文章の音読をします。なぜ音読が必要なのでしょうか?

 

それは、自分が発音できない音は、聴き取れるようにならないからです。

リスニングをしている時は、全然聴き取れなかったにも関わらず、いざ答えを見てみると自分の知っている単語ばかりだったという経験はないですか?

 

英語が聴き取れない要因は、単語そのものを知らないケースももちろんありますが、発音ができないために生じるケースも多々あります。

 

このパートで発音を強化することによって、リスニング力の向上につながるのです。発音強化のポイントの1つは、音声をそのまま真似ること。テンポや感情の入れ方まで真似して発音しましょう。

 

ディクテーションを習慣化していく!

いかがだったでしょうか?

もしかしたらちょっと面倒くさいと思ったかもしれませんが、やったら確実に成果が出るのが今回お伝えしたディクテーションです。

 

ディクテーションでは、ただリスニング力が鍛えられるだけではなく、

  • リスニング力
  • 語彙力
  • リーディング力
  • 発音

も鍛えられるので一石四鳥の効果があります。

いきなり毎日だと挫折する可能性があるので、まずは週に1回など少ない回数からスタートし、徐々に頻度を上げていきましょう。

是非、実践してリスニング力をアップさせて欲しいと思います!

 

 

 

目からウロコな英会話術!こちらもどうぞ!!

外国人と会話してるのに上手くならない。あなたに必要なのは、足りない部分を埋める自主学習僕は年間120回ぐらい英語に関するセミナーやイベントを開催しています。その時に、多くの英語学習者が”勘違いしている”と思う事があります。...
1910colum_Sugihara
とっさに英語で話しかけられたら、どうします?できる人はやっている〇〇術英語に対する悩みで多いのが、「英語がとっさに出てこない・・・」というものです。 外国人に道を尋ねられた時 会議で急に...
ビジネスマン必見!外国人と会話が上手くいった2つのポイント
ビジネスマン必見!外国人との会話がうまくいく2つのポイント僕は、毎月新宿のゴールデン街に行って外国人に話しかけるイベント(“ゲリラ英会話”と呼んでいます笑)や日本語禁止の国際交流パーティーを開催...

 

ABOUT ME
杉原浩二郎
杉原浩二郎
青春English部代表兼部長。1986年山口生まれ。 英国国立バース大学ビジネススクール卒業。 「一生青春」というコンセプトの下、英語コミュテニィー青春English部を主催。年間約120の英語イベントを開催。延べ1000人以上を指導。
あなたのメディアに革命を起こそう!

cta_selfmedia_all
#selfmediaとは、「あなたのメディアに革命を!」をコンセプトに掲げたWEBマガジンでり、ビジネススクール兼コミュニティ。
2020年4月現在、のべ300名が参加(法人様2割、事業主様7割、会社員1割)

\事業売上が上がった!/
\会社員から専門家として独立出来た!/
\出版した!/
\講演、セミナー講師になれた!/
\インフルエンサーになれた!/

定例勉強会、マンツーマン相談、相談し放題など、、、
過去うまくいかなかった個人や企業様ほど、結果につながっている楽しく正しくメディアを学べるコミュニティです。

 >> icon-book 詳細を覗いてみる  <<