女性が起業するということ

あなたはどのスタイルの起業を目指す?女性起業4つのタイプと落とし穴

女性起業と一言で言っても、目指す起業のスタイルは人によって違います。

皆さんは、自分の目指す起業スタイルは明確でしょうか?

「目指す起業スタイルを明確にすること」

これは、ぜひ起業を志した段階、起業した段階で考えてみて欲しいことです。

何故なら、起業スタイルが明確になることで、自分がやるべきことの優先順位が決まり、ロールモデルにするべき人が決まり、事業が軌道に乗りやすいからです。

いつの時代も、女性の選択肢は多い。選択肢が多いからこそ、選ぶことに迷いがちです。

今回の記事を通じて、あなたらしい起業スタイルを明確にし、今やるべきことを整理していきましょう。

女性起業(4つのタイプ)とは?

起業とは、生業を起こすこと。

そのため、「売り上げ・利益を追求していくこと」と「事業継続をしていくこと」の2つを求めていくことは、必須であると、わたしは考えています。
しかし、女性起業の枠組みが広がり、現在では、このような枠組みに分けられると理解しています。

1、【売上・利益を追求する】

①、社会的責任を果たし大きく事業を育てていく経営者型
②、自分の時間やライフスタイルを重視するフリーランス型

2、【売上・利益をあまり追求しない】

③、自分の時間やライフスタイルを重視
④、趣味

さて、皆さんは①〜④、どのタイプでしょうか?

正直、2の【売上・利益を追求しない】③、④のパターンは、わたしの中では、起業ではないのですが、何故、このような4つのタイプに分けたかと言うと、③、④のパターンの場合も、起業した女性として紹介をされていることがあるからです。

メンター探し・コミュニティー探しのときに気をつけたい注意点

女性起業と一言で言っても、①〜④のタイプに分けられます。

どのタイプに属しているかによって、目指している目標も、それに向けて今取り組んでいることも、情報収集先も、発する言葉も、全く異なります。

起業してからある程度、時間が経過をしていると、自然と自分と似た人たちに囲まれ、仕事をする環境が整ってきますが、気をつけたいのが起業を考えている時と起業したての頃。

女性が起業をする場合、誰かから事業展開の仕方を教わったり、コミュニティーに属して仲間をつくって活動をすることが多いです。

そのメンター探し、コミュニティー探しの時に役立てて欲しいのが、この4つの起業タイプです。

自身が考える起業の形が①の経営者型であるにも関わらず、2の【売上・利益をあまり追求しない】起業スタイルの方たちと知り合い、情報を得たとしても、あまり参考にならないでしょう。

逆に、ゆっくり自分の出来ることから始めたいと願う人が、【売上・利益を追求する】タイプの人たちばかりと知り合っても、気後れしてしまって、なかなか起業に向けた行動ができなくなってしまうかもしれません。

自分が目指すものと同じ志を持っているメンター・仲間を見つけること。

これこそが、女性が起業で成功する近道です。

 

 

三浦綾子さんのコラムはシリーズでお伝えしています。こちらも必見ですよ!!

苦手なセールスの克服法

ソーシャルメディアを事業活用するためのたった2つのポイント

ABOUT ME
三浦綾子
三浦綾子
三浦 綾子 株式会社女子トク 代表取締役 ソーシャルメディアコンサルタント 法人営業経験13年半、会社員時代に管理職も経験し、2016年独立。 法人向けにSNS運用の外部アドバイザー・運営サポート・研修業務と、女性のスモールビジネス立ち上げのコンサルティング事業を展開。
2020/1/5締切!あなたのビジネスに革命を起こす3ヶ月10講座一覧

#selfmedia は2020年から「日本一結果につながるビジネススクール」を目指します。

それにあたり、3ヶ月間10講座を通じ、
あなたの起業、活動拡大、法人化の実現に向け、全力支援させていただきます。

ぜひ、あなたのメディアとビジネスに革命を起こすお手伝いは、セルフメディアへ!