フォーフレンズ講義レポート

第25回 #selfmediaフォーフレンズ講義「思わずチャンネル登録したくなるYouTubeチャンネルとは?」

#selfmediaフォーフレンズの講義第25回の今回、妄想マーケティング講義の第3回ということで、#selfmedia代表の福田基広氏(以下、福田氏)から講義がありました。

 

ビジネスに妄想は重要です。

妄想や空想を膨らませていくことはワクワクした感情を生み、心から前向きに取り組んでビジネスを大きくすることができると福田氏は言います。

 

さらに、アスリートが実践さながらのトレーニングをするように、ビジネスでもその場面を思い浮かべて、こうだったらこうしよう!と考えておくことは、実際に起きたときにうまく対処することができます。

ただ話を聞くだけの講義は、9割以上記憶から抜けてしまいます。一緒にビジネス筋トレをして行きましょう!

 

もっくんsニュース!「iPadは一人1台」!?

iPad Air の紹介家にiPadが3台ある福田氏。おまけでもらえるなんて羨ましいぞ!

と、その前に、もっくんsニュースということで、福田氏から話題になっていたAppleの新製品発表会の情報について解説がありました。

Appleは、私たちの生活を便利にしてくれるガジェット製品の最先端を走っている企業で、Appleが出すガジェットは世界をうならせ、他の会社はAppleを追いつけ追い越せでやっています。ぜひチェックしておきましょう。

 

今回話に取り上げたのは、Apple Watch、iPad Air、Apple Oneについて。中でもiPadについては、長時間語っていました。

というのも、iPadがあればパソコンがいらないくらい高性能かつ多彩なことができるようになっているそうで、福田氏はiPadだけで仕事ができると言っていました。何よりApple Pencilが優れもので、メモをしたり絵を描いたり、自由度が高いのがたまりません。

 

今回新しく発表されたiPad Airというシリーズは、小さく便利なサイズであり、もちろんApple Pencilも使えます。iPadは、一人1台もっていて良いという福田氏の言葉通りにするなら、iPad Airは良い選択肢かもしれませんね。

 

ターゲットユーザの気持ちを考えるトレーニング

ターゲットユーザーの人物像こんな偉そうな顔したやつをターゲットにしたくない、とかは今はなしですよ。

さて、本題の妄想マーケティングに戻ります。

今回のお題は「思わずチャンネル登録したくなるYouTube」でした。

 

ルールは次の4つの特徴を持つ人が、チャンネル登録をしたくなるチャンネル名を考えることです。

  1. エンタメ大好きな会社員男性
  2. 将来、インフルエンサーとして起業したい
  3. 人前に出るのは大好き
  4. 本は読むのが苦手

この人は、「つまらないことは嫌い」なのに「起業したい」という、まさに困ったちゃん。

 

しかし、今回大事なのは、そんな相手の気持ちを考えること。言い換えると、ターゲットユーザーの目線に合わせるトレーニングです。YouTubeのチャンネル登録者数は、チャンネル名が大きな鍵を握っているとのことで、普通のチャンネル名だと登録してもらえないそうで、今回のトレーニングは重要な意味を持ちます。

ただインフルエンサーになる方法を教えるチャンネルでは見てくれず、楽しく学べるチャンネルを探しています。そんな彼が求めているコンテンツはどんなものでしょうか?

 

講義では、ここで10分間、シンキングタイムがありました。さあ、これを読んでいるみなさんも、この人が登録するであろうYouTubeチャンネルを、妄想力をはたらかせて考えてみてください!

 

ユーモラスで刺激的な優秀作品をご覧あれ

プレゼントがありますよIPPON選出とはならなかった素敵な作品は、実は後からでもご覧になれます。ぜひ入会を。

思わずチャンネル登録したくなるチャンネル名、考えましたでしょうか?

 

ここでは、優秀作品として#selfmedia フォーフレンズのメンバーと福田氏が選出したIPPONなチャンネル名をご紹介します!

ちなみに、ここでIPPONに選出されると独自の段位制度で階級が上がり、さらに非売品グッズが贈呈となります。

 

メンバー選出IPPON!

「あらやだ いつの間にかインフルエンサー」

 

福田氏選出IPPON!

「絶対に笑ってはいけない!インフルエンサー大学」

 

どちらもクスッと笑いそうになるチャンネル名であり、さらにインフルエンサーになりたい人が気になる言葉が入っていますよね。

これだけが正解ではありませんので、これもヒントにしながら皆さんもビジネス筋トレとして考えてみましょう。

 

YouTubeにノウハウはいらない

スマホを使う様子を示す福田氏スマホを使う様子を示す福田氏。(蕎麦をすするマネではないです。)

最後に福田氏から今回のテーマとしてYouTubeを選んだ背景について話がありました。

YouTubeというのは世界中にある200を超えるSNSの中で、ナンバーワンの影響力を持つSNSで、芸能人も一般人も全員がYouTubeというプラットフォームに集結して、投稿して楽しんでいます。YouTubeという同じ土俵であり、面白い内容を考えられる人、ためになることを教えられる人、かっこいい動画編集ができる人など、YouTubeには誰にでも平等なチャンスがあります。

 

そんなYouTubeを伸ばすためには、ノウハウは必要ありません。

必要なのは、面白いコンテンツを作ることです。

 

しかし、この「面白い」の判断基準が違うところが重要なポイントだと福田氏は続けます。YouTubeに求めているものは全員違い、面白いの基準も一人一人違います。だからこそ、今回のターゲットユーザーの目線に合わせるトレーニングがあります。

 

YouTubeもビジネスも結果を出すには、誰をどうさせたいのか、を明確にすることが重要とのこと。ターゲットとなるユーザーを決めて、その人が求めているのはどんなコンテンツで、どんなアクションしてくれるのか。

この機会に、相手を考えるビジネス筋トレをしていきましょう!

 

YouTubeもビジネスも同じ

以上、妄想マーケティング講義の第3回「思わずチャンネル登録したくなるYouTubeチャンネルとは?」のレポートでした。

YouTubeもビジネスでも同じで、誰をどうさせたいのか、を明確にしたものでないと、どれだけやっても結果が出ないそうです。私が人にしたいと思うことだけではなく、相手が何して欲しいと思うかも一緒に考えていきましょう。

 

無料で講座を受けられる!オープンカレッジ #selfmedia for friends 入会は簡単!

まずはこちらの動画をご覧ください

  • #selfmedia for friendsとは?
  • 講座専用のオリジナルノートを用意しよう!
  • 講義はfacebookグループにて開催(インスタライブは前半部分のみ)
  • 入会する場合はインスタグラムのメンションをつける(詳しくは下記動画)

 

入会方法(インスタグラムのメンションの付け方)

  • インスタグラムのストーリーズでメンションをつけて投稿
    インスタアカウント:@fukudamotohiro_official
    https://www.instagram.com/fukudamotohiro_official/

 

 

▼▼編集部オススメ▼▼

歯の予防を広めるため、アートな歯医者はオンラインでも発信し続ける今回は、#selfmediaフォーフレンズ特別講義をしてくださった村上弘さんに講義後インタビューをさせていただきました!歯科医である村上...
実践心理学を活かしたカメラマン歴39年のプロが大事にする「普通の感覚」今回のインタビューは、6月のフォーフレンズの特別講座「プロカメラマン直伝!スマホカメラ講座」を担当してくださった井上慎介さんです。 ...
第15回 #selfmedia for friends講義 「オンラインサロン」とはなんざんしょ?第15回#selfmediaフォーフレンズの講義は、今更聞けないオンラインサロン「オンラインサロンとはなんざんしょ?」がテーマです! ...
ABOUT ME
横尾 健矢
横尾 健矢
東大卒のTikTokerです。BitStar所属。祖母にほめられて勉強が好きになり東京大学に現役入学するも、真面目すぎた反動でお笑いにハマりました。サラリーマンのかたわらお笑いのテクニックと洞察力を用いて、TikTokで0から8ヶ月で25,000フォロワー、1,500,000いいねを突破。現在も10万フォロワーに向けてクリエイターとして活動しつつ、SNSコンサルタントとして自分のキャラクターを生かしたエンタメSNSを教えています。1990年生まれ、福岡県出身。
あなたのメディアに革命を起こそう!

cta_selfmedia_all
#selfmediaとは、「あなたのメディアに革命を!」をコンセプトに掲げたWEBマガジンでり、ビジネススクール兼コミュニティ。
2020年4月現在、のべ300名が参加(法人様2割、事業主様7割、会社員1割)

\事業売上が上がった!/
\会社員から専門家として独立出来た!/
\出版した!/
\講演、セミナー講師になれた!/
\インフルエンサーになれた!/

定例勉強会、マンツーマン相談、相談し放題など、、、
過去うまくいかなかった個人や企業様ほど、結果につながっている楽しく正しくメディアを学べるコミュニティです。

 >> icon-book 詳細を覗いてみる  <<