インタビュー

【インタビュー】福田基広氏が語る、これからの#selfmedia

intervew_fukudaMotohiro

情報発信の楽しさを伝えたい

福田氏セミナーの様子

ーーー現在どのような活動をされていますか?

現在36歳で、株式会社ふたつぶという福岡県の糸島という半島で、喫茶兼小さな事務所を構えながら、福岡と東京を中心とした全国各地で情報発信の楽しさや事業活動の仕方をサポートしたり講演で伝えています。

 

ーーー情報発信の楽しさ、ですね。

現在、多くの会社や法人、個人事業主の方、学生さん、会社員の方、様々な立場の方が情報発信を楽しんでいる時代です。

本来、情報発信を通じて自分が伝えたいことを伝えることはとても楽しいことなので、「時間ができたからSNSを見よう!」と思えることが本来の接し方なんです。ですが、お仕事や売り上げをあげようというスタンスで情報発信をしようとすると、急にどうしたらいいかわからないとか義務感に囚われたものになってしまうんです。

それは読み手にも伝わってしまうので、得たい結果に繋がらないということが起きます。事業活動をしながら、どうしたら楽しく運用できるのかということをベースに講演させていただいています。

 

#selfmediaの始動

セルフメディアロゴ写真

ーーー2016年に#selfmediaというコミュニティを作られているということなんですが、立ち上げたきっかけは何だったのでしょうか?

東京から糸島に移住したのが2015年8月で、もともとフリーランスで活動していました。糸島に住んで1年ほど過ぎた頃、もっと自分のwebや情報発信についての考え方を多くの方に知ってもらい、深くサポートしたいと思ったことがきかっけでした。

 

その当時やっていた法人のコンサルティングの金額が高額だったので、もっとリーズナブルな金額で事業主や個人の方、中小企業の方をサポートしたいと思い、コミュニティがいいんじゃないかと考えました。

一週間ほど名前を悩みに悩んで、自分の中に思い浮かんだ名前が#selfmediaでした。

 

ーーーコミュニティを立ち上げる上で、もともと情報発信を学ぶことについてニーズを感じることがあったのでしょうか?

僕は30歳で独立して自分で仕事をして7年目になりますが、これからは個人の時代が来ると当時から思っていました。そして自分を知ってもらうには伝える力を強化しないと世の中には認知されないなと感じていたので、情報発信の必要性はなんとなくですが考えていました。

 

『革命を起こす』

福田氏セミナーの様子2

ーーー2019年に#selfmediaをリニューアルし、その際コンセプトを一新した理由は何でしょうか?

リニューアルする前は“楽しく正しくウェブメディアを学ぼう”というコンセプトでした。

しかしこのコンセプトは、参加してくださっている方の運営しているSNSやブログなどのメディアについて、結果に繋げますという決意表明がされていなかったんです。サポートをさせて頂くにあたり、コンセプトとしてちょっと弱いなと思っていたんですが、いい表現がずっと見つからなくて。

 

#selfmediaが始まって3年くらい経ちますが、なんとなくモヤモヤとした状態でいました。ですが、車を運転してる時にふと『革命』という言葉が降ってきたんです。

当時、会社を起こして1年経って、自分の中で会社の回し方が少しわかってきた頃でした。もっと面白いことやりたいなと思ったときに、その『革命』という言葉が浮かんできたんです。いいなぁと思い、そのまま#selfmediaに落とし込みました。

 

そして2019年7月に“あなたのメディアに革命を”というコンセプトにリニューアルしました。運営側が参加してくださっている方に対して、あなたのメディアに革命を起こしますよというコミットメントを宣言して運営に臨もうという意味が込められています。

 

ーーー福田さん自身にもその時革命が起きたんですね。

そうですね、やるなら今まで自分がやったことないことと、あとは関わってくれてる人が体験したことがないようなことを一緒にしたいですね。

 

ーーー体験したことないことを作り出していくというのはワクワクしますね。

はい、総じてワクワクすることを僕は大切にしたいです。

 

ーーー2016年から#selfmediaを立ち上げて3年目ですが、リニューアルした前と後で何が変わりましたか?

今までは小規模のメンバーで活動していました。しかし、もっと多くの人に広げていきたいと思い、コミュニティを1万人規模にすることを目標にして、もっと仲間を増やせたら楽しいんじゃないかと考えています。

 

いずれインターネット上の一つの街を作りたいなという構想があり、コミュニティに参加していればその中でお仕事が生まれたり助け合える関係性が街の中で出来るのではないかと考えています。

 

現時点でも、#selfmediaのコミュニティの中に部活動があり、既にその中で人との交流や繋がりがあります。部活動には【アカデミック】と【ファン】の2種類があります。

  • 【アカデミック】は事業拡大に直結する学びを得られる部活動
  • 【ファン】は趣味や楽しさを共有する部活動

会員数が増えていき、活動が活発になることで新しい人間関係や新しい体験が生まれる可能性は充分あると思います。

 

ーーー確かに、色々な可能性が広がりそうです。

映画の中で、VR(バーチャルリアリティ)の世界がまるでリアルの世界のようになっていくということがありますが、今はSNSで過ごす時間がどんどん長くなっている僕たちも実際VRゴーグルをしていないだけで、実はSNSというバーチャル空間に没頭している状態なんですよね。

 

ーーーその考え方、面白いですね。

今はスマートフォンという小さな画面でのやり取りですが、これが5年後10年後にはVRを使って、例えばfacebookであればfacebookの世界が広がっていて、そこでコミュニケーションが始まるようになると思います。

それを#selfmediaの中でもできれば面白いと思います。それで1万人を目指すことにしました。

 

ーーー1万人というと、規模感がつかめないくらいすごい数ですね。

#selfmediaはお月謝を頂く事業で、これをサブスクリプションと言います。このサブスクリプションの事業モデルは色んな会社が取り入れ始めていて、1万会員と聞くと多く感じますが、Netflixは1億5000万人の会員を抱えているので、それと比べると実はそう多くはないんです。

 

ーーーなるほど、ワクワクが止まりませんね。

そうですね、この空気感で多くの人に広がっていければと思います。

 

コミュニティ運営者としての苦悩

福田氏苦悩の表情

ーーーこれまでの活動の中で苦労したことは?

コミュニティは人間が運営していて、参加するのも人間なのでノウハウが通用しないんです。

経験からひとつ分かったことが、運営者のモチベーションがダイレクトに参加者さんに反映されてしまうということです。

 

#selfmediaを立ち上げてからの3年間の中で、僕もこう(気持ちの変化が)あるので、やる気があるときはコミュニティも盛り上がるのですが疲れたときや静かにしたいときはコミュニティも静かになるんです。

僕が静かになってる時間が長いと、それが参加者さんの退会につながったり、やる気がある参加者さんの活動を止めてしまうこともあります。

参加者がコミュニティを離れてしまうことが続くと、寂しいなという気持ちと、自分が動いてないから仕方ないなという複雑な気持ちがありました。それが一番の苦労するところで、この先も続く悩みだと思います。

 

ーーーそこからまた奮い立たせるエネルギーも必要ですしね。

僕がたどり着いた改善点は、今までやったことがないことをやるというのが僕のワクワクするポイントなので、自分自身ワクワクすることをやって動いていこうと思いますし、運営側のみんなもお互いにワクワクするものを考えて作っていくことが大切だと考えています。

 

目指すは1万人

セルフメディア活動中

ーーーこれからチャレンジしたいことを教えてください。

#selfmediaの会員1万人の目標を達成することですね。しばらくはこれがブレない目標だと思っています。

達成するためにやらなくてはいけないことが自分の中でたくさんあって、出版もそうだし雑誌を作ったり、もっと表に出る活動をしていかないといけないと考えています。

 

また今後、#selfmediaのアパレル展開なども考えているので、そういった様々な入り口から会員1万人を達成するというチャレンジを、今後3〜5年かけてやっていくつもりです。

 

ーーー福田さんの、枠にとらわれない姿勢が周囲にも#selfmediaの可能性を感じさせるのでしょうね。

独立をしたのは、自分がやりたいことをチャレンジするためなのですが、どうしても仕事をしていると、日々の生活のことや、みんなのお給料のこととか考えながら仕事をしてしまいがちなんです。

しかしその前に、まずは自分のやりたいことを形にして、お金は後からついてくるというスタンスで仕事をしたいと思ってます。

 

その姿勢がきっと#selfmediaに関わってくださる皆さんの勇気とか次のステージに行く行動の後押しになっていくのではないか?と思います。トップが行動することでそれに引っ張られて周囲の人の行動にも影響していくと思うので、僕は足を止めずに進みたいですね。

 

ーーー福田さんのチャレンジが、参加する方々のチャレンジにつながっていくということですね。

そうですね!

 

#selfmediaに興味のある方へ

セルフメディアメンバーミーティング写真

ーーー#selfmediaに興味のある方へ一言お願いします。

#selfmediaは僕が立ち上げたものではありますが、今は運営チームを中心に参加してくださってる皆さんと一緒に作っている居場所です。

その中で仕事が生まれたり情報発信の仕方を学んで自分の仕事の幅を広げるのはもちろんですが、前述でも説明したように部活動を通じて参加者同士の交流ができたり人の繋がりもここで作ることができます。

 

お月謝は月1万円頂いていますが、それ以上の価値と事業拡大がお約束できると思います。今は月980円というキャンペーンも始めているので、気軽に試してみてください!

しっかりとサポート致しますので是非信じて参加して頂けたら嬉しいです。

 

福田基広プロフィール

fukudamotohiro_selfmedia_profile
#selfmedia主催 / 株式会社ふたつぶ代表取締役
「伝える」をお手伝いするメディアクリエイター
モバイルフォトグラファー
雑貨喫茶ふたつぶオーナー
ふたつぶ出版編集長
2015年8月、住み慣れた東京を離れ夫婦で福岡県糸島市に移住。現在福岡、東京を中心に全国講演活動に邁進。

facebook:https://www.facebook.com/fukuda.motohiro

instagram:https://www.instagram.com/fukudamotohiro_official/

 

ABOUT ME
#selfmedia編集部
#selfmedia編集部
2016年10月1日に立ち上がった、「楽しく正しくメディアの作り方がわかる」をコンセプトに掲げたWEBマガジンであり、コミュニティ。 読み名は「はっしゅたぐ せるふめでぃあ」。
あなたのメディアに革命を起こそう!

cta_selfmedia_all
#selfmediaとは、「あなたのメディアに革命を!」をコンセプトに掲げたWEBマガジンでり、ビジネススクール兼コミュニティ。
2020年4月現在、のべ300名が参加(法人様2割、事業主様7割、会社員1割)

\事業売上が上がった!/
\会社員から専門家として独立出来た!/
\出版した!/
\講演、セミナー講師になれた!/
\インフルエンサーになれた!/

定例勉強会、マンツーマン相談、相談し放題など、、、
過去うまくいかなかった個人や企業様ほど、結果につながっている楽しく正しくメディアを学べるコミュニティです。

 >> icon-book 詳細を覗いてみる  <<