インタビュー

動画制作の楽しさ伝えます!#selfmediaで見つけた、自分らしい働き方

動画クリエイター、動画制作の講師として、ご活躍されている山口美香さん。小さなお子さんがいる山口さんは、産後すぐに仕事復帰をし、仕事と家庭の両立に奮闘中です。「動画編集の一流を目指します!」と力強くお話しくださる姿には、パワフルな熱量を感じずにはいられませんでした。

どこでも仕事ができるようになってきた昨今、自分の特技を磨いて、前を向いて走っていく山口さん。これまでのお仕事の経験、ふたつぶに入社するきっかけ、動画制作に込めるプロ意識、これから挑戦したい事!そんなお話を聞かせてくれました。

 

#selfmediaの講師がどんな目標を持っていて、どんな価値を提供しているのか、ちょっと知りたいと思いませんか?

「あなたが形にしたいモノ・コトのお手伝い致します!」ぜひ、ご覧ください。

(記事内、各種情報・名称は2020年11月インタビュー当時のもの)

 

前職はICT支援員で一児の母です

仕事をする山口さん

――:今日は、株式会社ふたつぶのメンバーインタビューということで 山口さんにお話を伺いたいと思います。まずは自己紹介をお願いします。

 

山口氏:年齢は28歳で、一児の母です。前職は公立高校で※ICT支援員をやっていました。学校(法人)となると、教壇に立つ人は教員免許を持っていないとだめなんですよ。なので、ICT支援員は教壇に立てないので、先生が前で授業している後ろで、歩きまわって操作を教えるような、アシスタント的な役割をしていました。

※ICT支援員とは、Information and Communication Technology(情報通信技術)活用を支援する専門家

 

仕事内容としては、

  • 学校内のパソコンやタブレットなど、機材系全般のインストラクター
  • サーバー管理、機材メンテナンス

などをしていました。

そして現在、「株式会社ふたつぶ」(#selfmedia の運営会社)では、主に動画の編集を担当しています。

 

――:「ふたつぶ」と「#selfmedia」ではお仕事内容が違うかと思うのですが、#selfmediaでは具体的にどんなことをされていますか?

 

山口氏:#selfmediaでは、

  • 新規入会者向け説明動画の編集
  • 記事のアイキャッチ作成
  • アカデミーの動画講座の講師

をしています。

 

――:「アカデミー」とは、どんなものですか?

山口氏:#selfmediaのメンバーさん限定の学びの場で、

  • 動画編集
  • デザイン
  • WordPress
  • ライティング
  • ストアカ

など、いろんなジャンルの講座があります。

――:短期間でスキルを身につけていく、会員さま限定の講座ですね。

 

※アカデミー講座の詳細は→(こちら

 

転職のきっかけは、旦那様の繋がりで!?

――:山口さんは、どんなきっかけで「ふたつぶ」に入社されたんですか?

山口氏:実は、#selfmediaの運営メンバーである、伊藤竜海さん(通称:おたつさん)と私の旦那が中学校の同級生で…。(笑)

結婚式で私が作った動画をおたつさん(伊藤氏)が見て、「ふたつぶで動画編集の人を探してるんだけど、どうですか?」っていうお話を頂いて今に至ります。

 

――:伊藤さんに引っ張られて、今に至るということですね!それは良いきっかけでしたね!

山口氏:そうですね、自分のやりたい事がやれています!

 

一緒に成長する喜びを体感しています

山口さんとお子さん――:#selfmediaに関わる前と後では、どんな変化がありましたか?

山口氏:これまで、自分のスキルをお伝えするような講座をやったことがなかったので、実際にやってみて感じたのは、講座をするまでの大変さはありますが、受講者さんが成長していく過程で得る喜びを、一緒に分かち合えてる…じゃないですけど(笑)、そういうのを実感できたことが、貴重な体験だなと思っています。

 

――:なるほど〜。講座の中で受講者さんと一緒に成長している事を、肌で実感できている事が、山口さんの大きな学びや成長につながっているんですね!一方で、まだ小さいお子さんがいらっしゃる中で、仕事と家庭との両立やメリハリはどうですか?

山口氏:両立は、結構大変ですね〜(笑)メリハリは、かなりゴチャゴチャになっているかもしれないですが、子供がお利口さんなので助かっています。そして何より、ふたつぶが、子育てママにすごく理解があって優しい会社で、無理せず仕事できるし、子供との時間も作れるので、とても働きやすいです!

 

――:仕事もやりたい事が出来ていることで、両立も上手くいっている感じですね!

 

相手の求めることをキャッチして、形にすること

PC

――:今は主に、動画制作をされていると思いますが、これまでも、動画作成はされていたんですか?

山口氏:はい。

 

――:そんな中で、「あー、こんなになっちゃった…」とか、「ちょっとこれやっちゃったな…」っていう経験ってありますか?

山口氏:「やっちゃたな」っていうのはないんですが…。(笑)

動画を作る時に、ただ趣味で作るなら別に自分が好きなものを作ればいいんですけど、仕事となると、クライアントが求めている「結果」を出さなきゃいけないので、それが難しくもあり、ちょっと大変だなって感じることはありますね。

 

動画編集の楽しさを沢山の人に知ってほしい

――:今まさにチャレンジしていることや、今後チャレンジしていきたいことはありますか?

山口氏:動画編集のスキルがまだまだなところもあるので、もっと勉強して、「本当の一流かどうかは判らなくても、一流って言えるぐらいになりたい!」「動画編集の楽しさを沢山の人に教えたい、知ってもらいたい!」っていうのがあります。

 

――:山口さんは、日々勉強されてると思いますが、どんな勉強方法を取り入れていますか?

山口氏:そうですね〜。大体こんな動画が作りたいっていうのがあったら、まずこれをどうやって編集しているのかを調べます。YouTubeなどで作り方を見て、そこから自分で実践する!というのが多いですね。

 

――:調べてみて、これいい!と思ったものを、とにかく真似して実践するという事ですね!これはすぐにでも取り入れられる実践方法ですね。

山口氏:はい。まずは真似する感じで。(笑)

 

あなたの「やりたい」を形にしたい。

山口さん

――:#selfmediaに興味があって、この記事を読んでくださっている方も多いと思うのですが、そんな方に向けて何かメッセージをお願いします。

山口氏:#selfmediaには、沢山のコンテンツと幅広いジャンルの専門家がいるので、自分のやりたい事に合ったコンテンツや講座、専門家を選ぶことができます。皆さんのやりたいことを形にしていくお手伝いをさせて頂きたいので、興味がある方は是非(#selfmediaに)入ってみてくださ〜い。

――:「是非入ってみて!」ということですね(笑)山口さん、ありがとうございました!

山口氏:ありがとうございました。

 

 

プロフィール

山口 美香(やまぐち みか)さん

動画クリエイター

現在28歳の1歳の娘をもつ母。前職では公立高校でICT支援員の仕事を経験。友人の結婚式の余興動画を作った事がきっかけで、動画作りが楽しいと感じた。幼い頃から物づくりが大好きで、作る過程・できた時の達成感、何より喜んでもらえる事が嬉しかった。そんな動画が人々の目に留まり、現在は動画クリエイターとして、動画制作、グラフィックデザインの仕事に精を出す。#selfmediaでは、動画編集や動画制作の講師も勤めている。

趣味:書道(師範代です)、お絵かき、カラオケ

 

▼▼編集部オススメ▼▼

次の世代に最高のバトンを! 伴走型コンサルタントの私が見つけたスキルじゃない生き方#selfmedia会員から運営メンバーになった佐藤氏。2016年に独立、コンサルタントして活動されています。活動のきっかけ、#self...
歯科医院で楽しいイベント?院長がワクワクを仕掛け、限界突破に挑むワケ日本人に足りない!意識とは? ーー:現在のご活動を教えてください。 村上弘氏(以下、村上氏):歯科医院を経営し、地域のみ...
【インタビュー】セールス部部長 三浦 綾子氏 セールスに対する苦手意識をなくしたい「これから起業したい」という方向けの起業支援をしています ーーー現在どのような活動をされているのですか? 三浦氏:メインの事...
ABOUT ME
#selfmedia編集部
#selfmedia編集部
2016年10月1日に立ち上がった、「楽しく正しくメディアの作り方がわかる」をコンセプトに掲げたWEBマガジンであり、コミュニティ。 読み名は「はっしゅたぐ せるふめでぃあ」。
あなたのメディアに革命を起こそう!

cta_selfmedia_all
#selfmediaとは、「あなたのメディアに革命を!」をコンセプトに掲げたWEBマガジンでり、ビジネススクール兼コミュニティ。
2020年4月現在、のべ300名が参加(法人様2割、事業主様7割、会社員1割)

\事業売上が上がった!/
\会社員から専門家として独立出来た!/
\出版した!/
\講演、セミナー講師になれた!/
\インフルエンサーになれた!/

定例勉強会、マンツーマン相談、相談し放題など、、、
過去うまくいかなかった個人や企業様ほど、結果につながっている楽しく正しくメディアを学べるコミュニティです。

 >> icon-book 詳細を覗いてみる  <<