mv bg

第32回 #selfmedia for friends講義 利益を残し、売れる商品を作ろう!

2021年1月6日

第32回 #selfmedia for friends講義は、 学生でもわかるWEBマーケティング第3弾
「利益を残し、売れる商品を作ろう!」です。
「皆さんは、ご自身のサービスや商品はお持ちですか?」
 
10年くらい前、まだアメブロなどが主流だった頃からFacebookInstagramが認知されはじめ、ネットを活用する事で素人でも芸能人と同じような影響力を与えられるようになりました。しかし、その当時は、大きな見栄を張る事で顧客を集めることが主流だったため、インターネットを使った個人のビジネスは「怪しい」「嘘」などをイメージする方が多かったようです。
 

時間が経過し、今やSNSは誰もが使うツールになり、誰でもお金をかけずに情報を集めて起業することが可能な時代になりました。FacebookYouTubeInstagramTikTokなどなど、たくさんあるSNSの中で、自分に適したSNSを見つける事で影響力を与えられる存在になれます。


だけど、「誰でもインフルエンサーになれるわけではない。」と福田氏は言います。
では、どうしたらSNSを活用して自身のビジネスを広めていけば良いのでしょうか?

そこで、必要になるのが4大戦略!!
「商品宣伝集客営業」
ご自身でビジネスを続けて行こうと思っている方は、ずーっと使えるビジネスの考え方です!この講座で、不況に負けない「商品サービス作り」を学んでいきましょう!
 

なぜ、日本の職人は廃業しているのか?

なぜ、日本が世界に誇る職人たちは廃業してしまうのでしょうか?

「職人=コンテンツを作るプロ」です。

しかし、素晴らしい「ものづくり」は、時代や流行で価値が変動してしまいます。そして、「広げ方×売り方の掛け算」で人の手にものが渡り、初めて利益に繋がります。

インターネットの普及で流行り廃りのスピートが激しい現代では、去年人気だったものが今年は人気がなくなるのは当たり前。商品を作ることに没頭するのではなく、まずはざっくり商品を作ってクオリティーを上げながら、どのように広めて行くかを同時進行で進める必要がある。そうすることでと無駄のないビジネス展開ができると福田氏は言います。

 

利益を残し、売れる商品を作ろう!

コロナ以降、あらゆる場面で当たり前だったことが当たり前ではなくなってしまいました。コロナ以前に行なっていたビジネスモデルをそのまま継続していては、潰れる可能性が大いにあります。
 
福田氏が考える、コロナ以降にビジネスモデルとして大きくなっていく可能性があるキーワードはこの6つ!

  • 室内環境:椅子を良いものに買い換える。空気清浄機を購入するなど。
  • 楽できる:通勤の必要がない。お料理の作り置き講座が人気になるなど。
  • オンライン環境:パソコンのカメラ購入、ZOOM環境を良くするアドバイスなど。
  • 自然満喫:都会から地方へ移住して、週末はアウトドアを楽しむ。アウトドアレジャーの楽しみ方講座が人気になるなど。
  • 家族関係、人間関係:身近な人と過ごす時間が長くなると、コミュニケーション力の向上が必要になり、心理学やカウンセリングが人気になるなど。

新しいビジネスモデルのヒントがたくさん隠れているのではないでしょうか?
 

商品やサービスはだれでも作れる、というか複数持つべき!

では、利益を出しながらビジネスを継続するには、どうしたら良いでしょうか?
 
その答えはズバリ!
「複数のビジネスモデルを持つ!」です。
 

利益率が高い事業をメインにし、売り上げに対して経費が40%を超える事業はメイン活動ではなく、2番手3番手の位置にすることが大切です。日本は今後、経済が右肩上がりになることはないと言われています。ということは、「今日が、これからの未来で一番景気が良い日。」とも言えるのです。

現在、私たちのおおよその税金は約40%、そのうち10%は消費税、他30%は健康保険や社会保険として支払っています。そして今、go toキャンペーンや給付金で国がバンバンお金を排出していますが、それはいずれ全て私たちに税金として課されます。恐らく10年後の私たちの税金は50%以上になるでしょう。

これからの時代は、利益をあげるためには1つのビジネルモデルのみで勝負するのではなく、複数のビジネスモデルを持つことが大切と福田氏は言います。

 

株式会社 ふたつぶの経営内訳

では、福田氏が代表を務める株式会社ふたつぶの経営内訳はどのようになっているのでしょうか?
 

#selfmediaと雑貨喫茶の運営は、経費40%以上かかっていますが、利益率の大きいクライアントワークやコンサルをメイン事業にしているため、経営が安定しています。

なぜ、経費が大きくかかるのに継続しているサービスがあるのかというと、喫茶ふたつぶにおいては、事務所兼広告宣伝として捉え、居心地のよい場所を提供。そうすることで商談が成立しやすくなったり、人との関わりを深める利点があります。また、#selfmediaにおいては、いろんな方が参加していることによって仕事の依頼につながったり、参加している方の雇用につながったりと、他のサービスへの相乗効果が期待出来ます。
 
このように、経費がかかるサービスを運営することでビジネスに広がりを持たせているのです。その一方で、しっかり利益が残るビジネスモデルを作り出さないといけないと福田氏は言います。バランスの取れた複数のビジネスモデルを持つことが大切ですね。
 

商売は「負けないこと」を目標にする

では、ビジネスに失敗しないためにはどうしたら良いでしょうか?
ビジネスをスタートすると、「どうしても売り上げを上げたい!儲けたい!」という意識に注力しがちですが、そうするとどうしても足元を救われます。
これからの商売は、「勝とう(儲けよう)とするのではなく、”いかに負けないようにするか”にフォーカスを当ててビジネスを展開すると失敗せずに残っていける。」と、福田氏は言います。
 

利益率が高いビジネスをメインに

では、負けないようにビジネス展開するには、どうしたら良いでしょうか?
それには、原価率をできるだけかけず、利益率が高い商売をメインにビジネス展開することが大切です。時代が変わると求められることも代わり、生き残り方も変わっていきます。
例えば、原始時代に拳で獲物と戦っていたところへ槍が登場したら、槍を使った狩猟に変化していく必要がありますよね。今まで行なっていたビジネスを否定したりやめるのではなく、ちょっと軸足を変えて見直すことが必要と福田氏は言います。
 

負けない商品サービスの作り方


では、誰でもできる「負けない商品やサービスの基本的な作り方」を見ていきましょう。
 

①ターゲットを決める

そのサービスや商品は誰に購入して欲しいですか?
「○○歳くらいの△△している(したい)女性or男性」
 
ターゲットは、家に例えると大黒柱や土台を意味します。これを決めないと、どんなに良い商品を作っても売れません。例えば、職人さんは自分が考える良い商品を作ることに注力してしまうため、世界に誇る技術を持っていても廃業に至ってしまうと言えます。
 

②どうさせたいか?を決める

ご自分が提供するサービスを購入したことで、どうなって欲しいですか?
「○○歳くらいの△△している(したい)女性or男性に向けて、××させたい。」
ターゲットを決めても、ここがしっかり決まっていないと伝わりません。「どうさせたいか?」をしっかり決めましょう。
 

③ざっくり中身を決める

そのために、どんな内容を提供しますか?
「○○歳くらいの△△している(したい)女性or男性に向けて、××させたい。そのために□□な内容にする。」
決めたターゲットが目標を達成するために、何をしてあげたら良いのか、そのサービスを考えましょう。
 

④競合を調査する

ライバルや似たようなサービス商品を展開している人や会社は、どんな内容を提供しているのか?
料金、販売場所、満足度、特典など全ての項目で3〜5個リサーチをすると、だんだん方向性が見えてきます。そこに、自分独自のサービスを追加して他者との差別化を計りましょう。
 

⑤検索で使用キーワードをチェック

Googleでサービスや商品と関連性が高いキーワードを検索してピックアップする。そのキーワードをネーミングやキャッチコピーに利用しましょう。
関連性が高いキーワードを盛り込むと、ターゲットからの注目度が高くなります。検索した人が「これ、私が求めていたキーワードが盛り込まれている!」と感じたら、申し込みに繋がりやすくなります。
 

⑥名前と価格を決めて完成

④のデータを元に価格を、⑤のデータを元に名前を決めましょう!
名前はオリジナル、キャッチコピーは⑤のデータを元にするのがベスト!
 

求められる商品を作りをしよう!

「稼ごう!儲けよう!」と思うと、ついつい自分よがりになってしまいます。
また、他人の事は冷静に分析できても、自分の事は客観的に見れなかったり、解らなかったりします。どんなに長く事業展開をしている人でも、時には第三者の客観的な意見を取り入れる事がとても大切と福田氏は言います。
 
今回の講座で学んだことを踏まえて「求められるて利益に繋がる商品サービス作り」にチャレンジしてみましょう!
 
 
▼▼編集部オススメ▼▼

第3回 #selfmedia for friends講義「SNSを正しく活用!商品×集客×営業」-後編 D2C編-この日もインスタライブとFacebookグループ内のライブで始まった「第3回#selfmedia for friends 週間講座」 ...
第4回#selfmedia for friends講義 学生でも分かる!webセールス講義今回のテーマは、「学生でも分かる!webセールス講義」 物が良いから売れる時代は終わり、「あなたから買いたい!」と思って頂かないと...
 

« »

Profile

野口 篤子

野口 篤子

アトリエ・クレメダンジュ代表 管理栄養士 子供の頃から極度のアレルギー性鼻炎に悩まされ、食と日用品の大切さを実感。「身体の中から外から、健康で若々しく」をテーマに、アンチエイジングのフランチャイズ事業を展開。 フリマサイトでの取引数1000件を超える経験を生かし、ストアカにて「メルカリ活用術」講座を開催中。