mv bg

第24回 #selfmedia for friends講義 もし有名人を目指すなら、どんなProfieeを作る?

2020年11月9日

第24回 #selfmedia for friends講義は、妄想マーケティング第2弾「もし有名人を目指すなら、どんなProfeeを作る?」です!

はじめましての方と会話を弾ませるって、なかなか難しいものですよね。ですが、事前に相手の経歴や趣味などを知っておくと、共通点が見つかり、会話のきっかけに繋がります。
今回は、オンライン上で自己紹介ができるツールProfiee(プロフィー)の生みの親、柳川裕美さんをお迎えしてお話を伺いました。どのような想いでProfieeを立ち上げられたのか、また私たちはどのようにProfieeを活用したら良いかを学んでいきましょう。
 

講師紹介:柳川裕美さん

柳川裕美(やながわ ひろみ)さん

株式会社Spready 共同創始者
【経歴・趣味】
営業や広報、人事採用などを経て、Spreadyを創業。趣味はビール、新日本プロレス鑑賞。プロレスは週3日放映しているそうで、仕事が終わった後にプロレスを見るのが楽しみなんだそうです。プロレス好きを公表してから、共通の趣味の方と繋がることが増えたそうです。
 

Spreadyとは、どんなことを目指す会社か?

柳川さんとの共同創業者が、12年間キャリアアドバイザーをしてきた中で感じた事。

それは、転職の相談に来ても、やりたい事がある人が少ないという事だったそうです。そこで、「人と組織の新しい”つながり”を作ることができたら、やりたい事が見つかるのではないか。」と考え、Spreadyを立ち上げたそうです。

 
Spready株式会社は、現在「Spready」「Profiee」「Profile Teams3つの事業を展開しています。
1.Spready:「企業と人をつなぐコラボレーションSNS」

例えば、新しい事業を立ち上げたいと思う事業者が、

  • 「新規事業を手伝ってくれる人募集」
  • 「最初のユーザーヒアリングに協力してくれる人募集」

など、案件をSpreadyに投稿し、興味のある人と繋がることができます。
 
2.Profiee:「オンラインで自分らしい自己紹介ができるサービス」
3.Profilee Teams10月末ロンチ予定):「社内の人をつなぐプラットフォーム」
 

Spreadyが目指すところは、「やりたいに出会い続ける世界を作るり、一人ひとりの可能性を広げる」事だそうです。

 

Profieeに込めた想い

ひと昔前は転職する人も少なかったため、大学と会社名を聞けば、ある程度その人の人生観が想像出来たのですが、現代は生き方も多種多様で自分らしさの定義も変わってきているため、一言で表現することが難しくなってきました。
 

Spreadyは、2019年9月に立ち上げてから2年で1,600件のご縁つなぎをおこなってきたそうですが、「はじめまして」のあとの会話がなかなか続かないと感じたそうです。

「プラットフォームとして、どうやったら出会いの場がもっと盛り上がって、円滑なコミュニケーションが図れるか?」を考え、初めて出会った相手にもっと簡単に自分のことをお伝えすることができる、オンライン上の自己紹介ツール「Profiee」を考えたそうです。
 
例えば、

  • 新入社員の自己紹介
  • 採用の面接、面談
  • イベントの懇親会
  • 初めての人もいる飲み会
  • 共創したいコワーキングスペース

など、いろいろな場面で円滑なコミュニケーションが図れるツールになるとのこと。確かに、初めて出会う人ばかりの懇親会などで、会話が盛り上がらなくて苦労した経験をお持ちの方も多いはず。そんな時に、簡単に自分のことを伝えれるモノがあるといいですよね。
 

VUCA時代で大事な事


VUCA時代とは、

  • Volatility(変動)
  • Uncertainty(不確実)
  • Complexity(複雑)
  • Ambiguity(曖昧)

これらの頭文字をとったもので「社会経済環境が、極めて予測困難な状況に直面している時代」を言います。

新型コロナウィルスの影響で、ここ数ヶ月計画通りに事が進んでいる人は少ないと思われます。そんな時こそ、予期せぬ出来事を学習の機会と捉える必要があると、柳川氏は言います。
 

VUCA時代を生き抜くために

  • 好奇心
  • 持続すること
  • 柔軟でいること
  • 楽観的に考えること
  • リスクテーキング

この5つを意識しながら、計画通りに事が進まなかったとしても、その時代にあった行動を取る事が大切との事。
 

Profieeでできること

  • 内省(まずは、自分の原動力を認識する)
    自分の原動力や今までの経験を振り返り、そこから出てくる自分の強みを認識する。
  • 発信(偶発性を呼び起こすための大事な行動)
    思いがけない出会いを引き寄せる発信。

「Profieeを活用して、ぜひこの予測困難な時代にあった生き方を見つけて欲しい。」と、柳川氏は言います。

Profieeの書き方

ここから、実際にProfiee(プロフィー)の書き方を柳川氏に詳しく教えてただきました。
 

大枠を決める

まずは学校を卒業してからの経歴を書き出して流れを作り、細かい部分を後で補足します。失敗談や人生のターニングポイントなどを追加するのもおすすめです。
 

自分を特徴づけるヒストリー

趣味を始めた日や、最近ハマっていることなどを、ヒストリーに追加していきます。そうすることで、共通の趣味を持っている人と距離を近づけることができます。
 

更新する日を決める

作成したら終わりではなく、棚卸しする日を定期的に決めて、それまでに起こった出来事や取り組んだ仕事、ハマっていること、出会いたい人などを更新します。更新したらSNSで発信も忘れないようにしましょう!
自分のストーリー、強み」を共有することで、信頼につながっていきます。
 

Profiee活用事例

SNSでの活用


今までの経歴や想いをprofieeで紹介しSNSに投稿する事で、それを読んだ人が、必要としている方へ引き合わせてくれるきっかけになり、お仕事にも繋がります。
また、会社のヒストリーを紹介することにも適していて、株式会社フェリシモは、新卒採用向けにフェリシモの歴史をProfieeで作成して紹介しているそうです。
 

オンラインでの活用

オンライン上ではじめて出会う方に、事前にprofieeを送っておく事で、その後のコミュニケーションが円滑になります。
 

オフラインイベントでの活用

イベントコミュニティー機能を利用しましょう。ページを印刷して切り取ることで名札代わりになり、その場でQRコードを読み取ってもらうことで、その場で簡単にプロフィールの共有ができ、お互いを知るきっかけになります。
 

自分らしさを表現、そして発信

初めて出会った人に自分を表現するのは難しいですよね。ですが、Profieeを活用することで、自分自身、そして相手の価値観や想いを事前に知る事ができ、きっと会話も盛り上がること間違いなしです!
 

SNSの時代、自分を開示するのが怖いと思っている人が多い。けれども、SNS時代だからこそ、自分を開示することで自分の価値観にあった人と出会えるし、楽しい。自分らしさを表現して、発信することが大切!」と福田氏は言いました。

 
ぜひ、この機会にProfieeを活用して、自分の今まで生きてきた人生の「棚卸し」をし、自分らしさを表現して発信してみましょう!きっと、素敵な出逢いが訪れますよ。
 

無料で講座を受けられる!オープンカレッジ #selfmedia for friends 入会は簡単!

まずはこちらの動画をご覧ください

  • #selfmedia for friendsとは?
  • 講座専用のオリジナルノートを用意しよう!
  • 講義はfacebookグループにて開催(インスタライブは前半部分のみ)
  • 入会する場合はインスタグラムのメンションをつける(詳しくは下記動画)


 

入会方法(インスタグラムのメンションの付け方)

  • インスタグラムのストーリーズでメンションをつけて投稿
    インスタアカウント:@fukudamotohiro_official
    https://www.instagram.com/fukudamotohiro_official/


 
 
▼▼編集部オススメ▼▼
https://selfmedia.club/for_friends/lecture-report/202009-23/
https://selfmedia.club/for_friends/lecture-report/skill-share202008-22/
https://selfmedia.club/for_friends/lecture-report/interview202008-21/
 

« »

Profile

野口 篤子

野口 篤子

アトリエ・クレメダンジュ代表 管理栄養士 子供の頃から極度のアレルギー性鼻炎に悩まされ、食と日用品の大切さを実感。「身体の中から外から、健康で若々しく」をテーマに、アンチエイジングのフランチャイズ事業を展開。 フリマサイトでの取引数1000件を超える経験を生かし、ストアカにて「メルカリ活用術」講座を開催中。