合宿

スマホ完結!!プロモーション動画制作合宿 in沖縄!!

「脱・素人感!」をテーマに、動画制作の合宿を敢行!

プロに教わる、動画を撮る際に意識すること、実際のスキルを1泊2日で学び、自身のプロモーション動画を、撮影から編集、アップロードまでを、スマホだけで完結させる。

 

Day 1

1.Opening Session(担当:少年ちゃん) 

2020年からの5G時代の動画の流れと、「脱・素人感!」の重要性について

これからは、多くの企業や個人がYouTubeチャンネルを開設し、動画でのPRを主にしていく時代。

5G時代になり、動画の扱いがより手軽になることも1つの背景と言える。

そんな、たくさんの動画がより溢れるようになる時代の中、いかに自身の動画を他者に見てもらえるかが重要となってくる。

この合宿では、プロさながらの知識やノウハウを学び、クオリティの高い動画でのプロモーションができるようになる事を目標にしていく。

少年ちゃん

 

 

2.翌日のロケーション紹介(担当:眞榮城さん)

海や山などの自然系、アメリカの雰囲気を感じることができるエリア、遺跡などのスピリチュアル系

自分の動画のイメージに合う場所から、どこに行きたいかを考える。

 

 

3.1st Session PV動画作成・事前準備編(担当:イトウケンタさん)

情報発信の前に考えるべきこと

ターゲットと感情を決める

動画は、感情を共有したり、感情を動かしたりがしやすい。

どんな人に、どんなことを感じてほしいか?をしっかりと考える。

例)30代子育てママに、時短で美味しい料理が作れる楽しさを知ってほしい。

 

YouTube上で見込み客とどう接触するか?

再生リストを作成する(インスタで言うハイライト)。いくつかの再生リストは「この再生リストを全て見ると何が得られるのか?」をデザインしておく。

関連動画(SEOのトークセッションにて詳しく説明)

イトウさん講義

動画の撮影前に確認しておきたい、機材や撮影環境

動画でも写真でも大事なのは「光」

光の「方向」、「角度」で雰囲気がガラッと変わる

前後上下横、どこから光を当てるか

 

カッコよく撮るなら角度をつける

  • 太陽を背に逆行を利用する。
  • 真横から光を当てて顔に影を作る。

 

優しく撮るなら満遍なく

  • 2つ以上の光で影を減らす。
  • 1つの光なら斜め上、斜め横から当てる。

 

太陽光でも曇りの時は優しく映りやすい(雲が光を分散してくれる)

撮影環境でどこまで調整できるかチェックしておくとよい

 

機材の前準備はとにかく「充電」

準伝切れが一番悲しい。フル充電しておくと、予備のバッテリーを用意する。

 

 

Work

5W1Hで、動画の方向性を考えよう!

  • Why:なぜこの動画を作るのか?
  • What:この動画では何を伝えるのか?(何を感じてほしいか?)
  • Who:誰に向けた動画を作るのか?
  • When:いつ動画を見せるのか?
  • Where:どこに動画を掲載するのか?
  • How:どうやって動画を作るのか?

 

 

4.2nd Session PV動画作成・実践編(担当:安藤さん)

安藤さん講義

素人っぽい動画の特徴

  • 手ブレしている
  • 白飛びしている(光の設定が甘い)

 

目的を絞る

「商品を買ってもらう」「WEBページにアクセスしてもらう」「会社を知ってもらう」など一番の根本的な目的は何か?を考える。

 

目的を分類する

  • 商品認知up
  • 商品購買up
  • 理念認知up
  • 理念共感up

大別してこの4つ。自身の目的をどこに分類するかも把握しておく。

 

連想する

例えば、元気さを表現したい時に、「元気→明るい→太陽→赤い→トマト」

などのように、そのワードから連想されるものが、何かのアイテムで表現できないか探す。

 

流れを書く

何を中心に訴求するかによって流れが大きく変わる。

ストーリー?雰囲気?商品?文章?インパクト?

例えばストーリーにするなら、起承転結を意識する(あまり作り込まなくてもいい)

 

長さを決める

プロモーション動画は、長くても3分以内が理想。

商品認知up、理念認知upは15秒~2分

商品購買up、理念共感upは1分~3分

 

時系列に区切る

  • 大まかなパートごとの長さを決めて、時間を配分する。
  • 細かいカットをイメージしながらカットを配分する。

現場で絵コンテから大きくずれることもある。大切なのは、どう言う画が必要かを認識できること。

 

撮影前の準備

被写体

  • 外面(メイクや髪型など)
  • 言語(セリフやナレーションなど)
  • 動作(実際の動きのシミュレーション)
  • 役設定の理解/感情の準備(情景をイメージしておく)
  • 撮影者とモデルの意思疎通。

 

撮影者

  • 解像度とフレームレートの設定。
  • 絞り、シャッタースピード、ISO感度の設定。
  • 構図や、カメラのポジション、アングルなどを確認する。

 

音声選択

音声の効果

  • イメージ誘導(体験、経緯に紐つけて動画の雰囲気を表現する)
  • 感情誘導(曲調や歌詞から、喜怒哀楽を呼び起こす)
  • 記憶定着(音に紐ついて、印象に残りやすくなる)

 

音声選択のポイント

  • 作品の中核とズレないものを選択
  • 目的を表現するメインツールを意識
  • 最初の10秒を最も意識する
  • 1発OKは求めない(使えそうな音源は少し広めに集める)
  • 著作権に注意(申請場所や調べ先を確認する)

 

Field Work1

学んだ知識や撮影のテクニック等を、実際に外に出て実践。

ハイビスカス

 

編集のやり方(担当:少年ちゃん)

今回はVLLOという動画編集アプリを使用。

動画の繋ぎ方、音声やテキスト、エフェクトなどの入れ方を、アプリを触りながら、全員で確認。

VLLO

 

 

 

 

YouTubeへの動画のアップ方法(担当:伊藤)

YouTubeは、Googleが提供しているサービスのため、まずはGmailアカウントを取得する。

その後、取得したアカウントでYouTubeにログインする。

ログイン後、まずはカメラのアイコンをタップし、アップする動画を選択する。

アップ方法1

次に、アップする尺を決める。(最初から最後までアップしない事はないと思うので基本触らない。)

アップ方法2

画面右上の「次へ」を押し、動画のタイトル、公開範囲を決め、同じく画面右上の「アップロード」を押すと、アップができる。

 

 

YouTubeのSEOに関するトークセッション(担当:少年ちゃん、イトウさん)

SEO(Search Engine Optimization)

検索をした時に、自身のサイトやコンテンツが検索の上位に来るように行う対策、手法のこと。YouTubeについても、このSEOがある。

1時間のトークセッションを、音声動画にてお楽しみください。

 

気付けば夜は20時を回っており、一同お腹がペコペコ…

眞榮城さんおすすめの鉄板焼き屋「sam’s」に行き、明日へのエネルギーをチャージ!

お肉に魚介を堪能し、1日目は終了。

食事

 

Day 2

Field Work2

2日目は、3グループに分かれてロケへ。

自然や遺跡、ラグジュアリーな建物など、思い思いの場所を訪れて自身の動画素材を収集。

風景1 風景2

会場に戻ってからは、それぞれ編集に没頭!

ご自身の活動やお仕事で使用するプロモーション動画、どんな作品になるのか楽しみです!

 

作成後は、できた動画の鑑賞会を行い、最も優秀だと思った方を投票で決めました!

1位に輝いたのは、限りある資源を自然の映像と共に表現され、ご自身の会社のPRへと繋げられた、松尾幸一さんでした!松尾さん、1位受賞おめでとうございました!

松尾さん

1位を獲得された松尾さんの動画はこちら

松尾さんは、福岡市内を拠点に、復元・修復・補修をメインに行われている、リフォーム業者様です。公式HP「Dr.直し屋福岡博多店」もぜひご覧ください!

 

最後は、参加者の皆様全員で記念撮影!(ちなみに、「#」のポーズ)

 

総評

沖縄という、どこにカメラを向けても画になる環境で、皆様ご自身の望む画を積極的に撮られていたと思います。

新型ウイルスの影響もあり、臨時休館をする施設があったり、いつもより人の出も少なかったようですが、合宿が無事に終わった事が、まずは何よりだったと思います。

 

ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました!

学ばれた事を、今後のご自身のお仕事や活動で活かしていただけたらと思います。

今回は残念ながら参加ができなかった方、次回の合宿でぜひご一緒しましょう!

 

ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー

講師紹介

今回講師を務めていただいた、お二人のサイト等もぜひご覧ください!

 

イトウ ケンタさん

公式ブログ「パーソナルクリエイターイトケンのブログ
Facebookアカウントはこちら

 

安藤 大嗣さん

公式HP「TAISHI ANDO OFFICIAL WEB SITE
Instagramアカウントはこちら

ABOUT ME
#selfmedia編集部
#selfmedia編集部
2016年10月1日に立ち上がった、「楽しく正しくメディアの作り方がわかる」をコンセプトに掲げたWEBマガジンであり、コミュニティ。 読み名は「はっしゅたぐ せるふめでぃあ」。
あなたのメディアに革命を起こそう!

cta_selfmedia_all
#selfmediaとは、「あなたのメディアに革命を!」をコンセプトに掲げたWEBマガジンでり、ビジネススクール兼コミュニティ。
2020年4月現在、のべ300名が参加(法人様2割、事業主様7割、会社員1割)

\事業売上が上がった!/
\会社員から専門家として独立出来た!/
\出版した!/
\講演、セミナー講師になれた!/
\インフルエンサーになれた!/

定例勉強会、マンツーマン相談、相談し放題など、、、
過去うまくいかなかった個人や企業様ほど、結果につながっている楽しく正しくメディアを学べるコミュニティです。

 >> icon-book 詳細を覗いてみる  <<